スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2011.05.21 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

かすみがうらマラソン

タイム
グロス:4時間32分25秒
ネット:4時間23分52秒

・今年もS貝さん、あらきんさんとで参加してきました。

・別行動だったが、会社のRUN仲間も参加。

・サブ4を狙いたいが走りこみ不足なので果たして・・・。

・今年はちょっと遅めの出発で、なおかつ参加者も増えたので、駐車場へ入れるのも一苦労。

・軽量化しようとしたら、トイレも長蛇の列。近くのコンビニもダメで、土浦駅の構内まで行ってみましたが、ここも大混雑。

・あらきんさんにトイレに時間がかかりそうと電話しようとしたら、圏外の模様。駅近くでそんなんでいいのか>ソフトバンク

・去年は雨交じりで寒いくらいだったが、今年は暑くなりそう。

・で、HOTアウェイジャージを着用。場所も競技もアウェイということで、正しいジャージの使いかたと言えましょう(笑)。

・そうこうしているうちにスタート時間が迫る。アップもせずにスタート位置に並ぶ。

・今年は脇道からでなく、ちゃんとスタート位置に並んだ。4時間半の前で4時間ブロックの最後尾に3人で陣取る。

・スタートしたが、例によってスタートラインをなかなか切れず。7〜8分のロス。

・入りはゆっくりと4時間半ペースよりやや遅めくらいで。それでもアップもしていないためか、体がちと重い。

・S貝さんはもとより、あらきんさんまで先に行ってしまった。

・最初の給水所の5km地点。ここは混むし7.5km地点に300M級の大給水所があるとパンフで読んでいたのでここはスルー。

・7.5kmで給水。普段は給水が少なめなのだが、今回はこれ以降すべての給水所で給水。これは正解だったと思う。それでも汗はあまり出ず。周りもウェアに塩を吹いたランナーが多かったので、やはり暑かったのでしょう。

・10km地点。今までは「結構走った」と感じていたのだが、今回は「まだまだ序盤」とある程度の余裕を感じられた。それなりに年功は積んでるようだ。このあたりから体か軽くなり始める。

・15km地点くらいで4時間半のペースメーカーを抜く。この調子で行きたいぞ。

・25km地点にもう一人のアウェイジャージを発見。あらきんさんでした。25kmも逃げを許してしまいました。走ってないといってる割にスゲー。

・あらきんさんを抜いて調子付こうとおもったところで、こちらもペースが落ち気味。30kmならこのまま勢いで行けなくもないが、フルはまだ先が長い。
できるだけペースを落とさないようがんばる。

・30kmを過ぎるとやはり「壁」が現れた。ヒザや股関節が少し痛み、歩きを交える形に。

・このあたりで沿道で私設でコーラを配ってる方が。お茶や水が多い中、わかってらっしゃる(笑)。
混んでたので手酌でいただく。

・手元の時計でも平均ペースが5分40秒/kmを割り、サブ4は赤信号。

・それでもペースをあげることはできず、歩きを交えてだましだまし走る。

・田んぼの中の道を抜けるとゴールまであと3kmほど。昨年はここからスパートできたのだが、今年はダメ。

・なんとかゴール。去年よりネットで数分縮めただけにとどまった。

・ゴールには会社の若い衆がいて、彼は初フルでサブ4。すばらしい。

・しばらく会場でS貝さんやあらきんさんを待っていたが、今年は直にクルマ集合だっだようで、お待たせしてしまった。すみません。

・暑さのせいもあり、体力を奪われ、帰りのクルマでも熟睡。これまたすみません。

・家の近くまで送っていただき、風呂を浴びたら即沈没。目が覚めたのは夜中の3時。

・今年は走り込みが足りず、ヒザや股関節を支える十分な筋力がなかったのが敗因と思う。来年は再度東京マラソンにでてみたいけど抽選に受かるかどうか。

・クルマを出していただいたS貝さん、お世話いただいたあらきんさん、どうもありがとうございました。

青梅マラソン結果


 忘れたころに結果が届きました

タイム
グロス:2:59:29
ネット:2:38:31

今回は30kmでしたが、仮にこのネットタイムのままフルが走れたという皮算用をすると、

2:38:31=158分31秒=10111秒
10111÷30×42.195≒14222(小数点以下切上げ)
14222秒=237分2秒=3:57:02

当然距離がちがうので、同じペースをキープできるわけはないのですが、、当面の目標のサブ4はまったく歯が立たないわけでもないようです。

4月に走る予定のかすみがうらで狙ってみることにします。

青梅マラソン自体については、人数の割に道幅がせまく、自分のペースで走りにくかったです。
多分来年は出ないかも。来年はまた東京マラソンが当たってくれないかなぁ(笑)。



草駅伝大会@皇居

 駅伝
自転車の練習もロクにできていない今日この頃ですが、会社関連の面々でアートスポーツさん主催の皇居での駅伝大会に出てきました。

4人チームで一人以上女性が混じるという条件で、一人皇居一周、チームで4週を走ります。

私は第3走を担当。
マラソンより距離が短い分、強度が高くなるので、運動できていない今日この頃、走りきれるか心配でした。案の定、心拍は常時190bpm以上(笑)。後半失速するかと思いましたが、20分ちょいの間、何とか持たせることができました。

結果は、第2走の女性が予想以上に頑張り、アンカーの若い衆がかなり頑張ったので35〜36チーム中の真ん中か少々後の順位だったかと思います(正式順位は3位までしか発表されなかった)。
久々に運動でき、成績もまずまずで久しぶりに運動を楽しめました。

2月には青梅マラソンにもエントリしてるし、新車のフレームも来たので、そろそろトレーニングを始めたいのですが、時間が取れるまでもう少しかかりそう。


久々皇居ラン

 会社の先輩からの皇居ランのお誘いを受けた。

この先輩はメタボ検診で警告を受け、その対策としてランニングを始めたようで、ここ2から3か月で目を見張る成果をあげたとのこと。昔は陸上をやっていたこともあって、最近ランニングにはまっているご様子。アクティブな方なので、グループ会社の人や会社の保健師の方まで巻き込んでの今回の集まりとなりました。

自転車レース関係もひと段落し、そろそろランのほうも始めるかと思っていたので渡りに船と参加。

ちょっとゆっくりめのお昼集合だったので、走れる格好で家を出て、朝イチで髪を切り、そのまま自走で。途中新宿で朝飯を食べ。集合場所の半蔵門まで。

今日の拠点は銭湯のバン・ドゥーシュ。荷物をあずかってもらって、ランニングした後に風呂に入れます。13:00のオープンと同時に荷物を預け、皇居へ。

初心者の方もいるので歩きから小走り程度で桜田門あたりまでアップ。準備運動の後、軽く走ります。

ここ数日では気温が低い日(10度台前半)でしたが、アップ時には上はアンダー+長そでシャツ+ウィンドブレーカー。下は膝下のタイツに長パンツでOK。
アップ終了後はウィンドブレーカーを脱ぎ、パンツの膝下を外しても大丈夫(ジッパーで外せるコンバーチブルタイプを履いてた)

気候もよい時期なので、観光客も含め、盛況です。

予定してたより早めのペースの7分/kmを切るくらいのペースで一周。初心者の方もしっかり付いてきていました。ご立派。

2周目は会社の若い衆と2人で。彼は学生時代ハンドボールをやってて、今も趣味的にやってるスポーツマンなのでペースが上がる。5分/kmを切るくらいのハイペースで引廻し。1周なんとか付いていきましたがもう1周あるとダメだったでしょう。なまっている体を実感させられ、いい刺激になりました。

走り終わって銭湯へ。銭湯なので湯船につかれるのが最高です。
銭湯業界、経営的には苦しいみたいですが、ここは戻ってきたときには、ロッカーは当然満杯で、脱衣カゴが床一面の大盛況。平日の夜も結構なにぎわいとのことでした。
ロケーションによってはこういう活路の見出し方もあるんだなぁと。会社の近くにも欲しいぞ。

風呂から出ていわゆる「反省会」。15:00くらいの半端な時間なので、空いてるお店も少なく、結局四ツ谷まで歩いて見つけた焼き鳥屋さんへ。

この集り、今回が初回だったのですが、次回の予定や大会へのエントリーの話その他で盛り上がり、22:00ごろまで。「反省会」のほうが長い(笑)。

いい感じの筋肉の疲労感(2周めが効いた)が残って楽しい1日でした。

東京マラソン落選

 沖縄に行ってる間に東京マラソンの抽選結果が届いてました。
やっぱり3年連続は無理か。

ボランティアで雰囲気だけでもと思ったけどこっちも締切。

青梅マラソンに申し込もうと思ってますが、だれか出ませんか?

かすみがうらマラソン

あらきんさん、S貝さんとかすみがうらマラソンに参加。

途中小雨だったが、押し並べて曇の最適な条件。

サブ4ねらってみたが、背伸びしすぎて30km超えで自滅。リバースしようとしても胃液すら出てこず。やはりタイム上げようとするとフルは難しいです。

38km地点であらきんさんに抜かれたので再度モチベーションを上げることができ、意地で東京よりちょっと縮めた4時間27分台(ネット)でゴール。

初フルのあらきんさんは6分差ぐらい。スゲーです。

S貝さんは貫録の3時間半レベルの走り。

相変わらずフルの後はひざが痛い。明日はプールか自転車をやりたい。

S貝さんにクルマを出していただき、ラクに行き帰りできました。感謝。

あと、生で有森裕子さんをちょっとだけど見られたのは収穫。

これで今シーズンのラン活動は一段落。サブ4は来シーズンの宿題ということで。

ランの日

予報では雨の合間の晴れの日。ということで帰宅ランを。

市ヶ谷から直帰だったので、早稲田通り経由でちょっと長めに(Nike+の値を補正して11kmくらいか)。心拍計をもってきたので140bpmをターゲットにLSDということに。

これ結構もどかしいです。もっと速く走れるのを抑えて走る形になります。平地で7分/km近くのスローペースです。登り坂ともなれば、ペースを下げざるを得ず、たまたま少し前をはしてった人から離されていきます。

でも自分の心肺能力が現時点ではそこまでということですね。同じ心拍で6分/kmくらいで走れるようになりたいなぁ。

ただ姿勢と呼吸は余裕がある分意識できるので、腰が落ちないことと深く呼吸をすることを意識してみました。

しかし身体能力が低いのか、LSDペースがこんなにゆっくりとは・・・。心拍計がないと前に人がいたら追いかけたりとか、周囲の目を意識してペースアップしたりしてしまうはず。心拍計のおかげで外乱に気持ちが揺らぐことなく、遅いペースが維持できます。

家に帰ってNikeのサイトとSyncしたら累積250km超ということでメダルが表示されました(笑)。水増しの記録だけど、装着せずに走ったときもあるのでまぁそんなものでしょう。

皇居デビュー

ランで皇居デビュー。
一応42kmを走行。
詳細は追記予定。
-----
・朝起きられなかったので、ランニングすることに。4/20が本番なので、ロングの練習は今週までにしとかないと。

・流行りのスポットということで皇居を走ってみることに。

・1周5km(もう少し短いとの説あり)とキリがいいのと信号ストップがないというのは魅力かも。トイレも水飲み場もあるし。

ここを拠点にスタートすることに。お店のポイントカードを持ってれば400円でロッカーとシャワーが借りられる。

・Nike+とポラールのフル装備。

・500mlのペットボトルの水を手持ちで11時前にスタート。

・序盤15分くらいは歩き〜小走りで心拍140bpmくらいまでアップ。

・心拍160bpmキープを目標に走ることに。

・6から9kmくらいの帰宅ランのおかげか、序盤15kmくらいは好調。平地で5.5min/km、ゆるい登りで7km/minを切るくらい。1周5kmを30分を切るくらいのペース

・20kmあたりからペースが落ち始め、最後まで下降する一方。最後のほうのスピードは140bpm縛りの帰宅ランで出せるスピード。

・25km過ぎてくると160bpmのキープも多少難しくなってくる。気持ちが折れそうになるのとの闘いになってくる。

・30kmあたりでやめるかとも思ったが、「せっかくだから」と走ってしまうのがMの面目躍如(笑)。

・平地でも7min/kmくらいになりそうな速度でなんとか40kmクリア。4時間36分くらい。このあとはペースを上げてみる。ラストスパートする余力はあるようだ。

・9周目の途中の42.3kmくらいのところで「勘弁してください」となり。あとはクールダウンで歩きながら写真を撮ったり。千鳥ヶ淵あたりの桜はかなり散り始めているが、なんとか賞味期限。

・拠点にもどってSAVASのプロテインのペットボトル(水溶液状態での販売)を一気飲み。粉末で自分で作るのと比べると、ペットのは絶妙な薄さ。カルピスウォーターみたい(笑)。

・シャワーがあるのは天国。頭から流れてくる水がしょっぱかった。

・昼飯も抜きなので、ふだんは選択しないラーメン、餃子、半チャーハンのコラボ。帰ってからも追加で食う。

・やはりフルの距離だと膝にクル。明日の朝練はクルマで。

メモ:
・水500mlでスタートし、20kmくらいまで持たせたが、給水不足の模様。その後は1周ごとに水飲み場でペットボトルに満タンの給水が必要だった。

・朝食だけで42km持ったが(ビバ体脂肪!)、たぶんエネルギー不足。ジェルとアミノ酸は持たないと。

・ポラールは1週毎にきちんと5kmずつ増えており、かなり正確なようだ。(未キャリブレーションにもかかわらず)

・Nike+はかなりサバを読んでいる。周回ごとにずれていき、最後は50km超走ったことになっていた。それにともない平均速度もすごいことに。余裕でサブ4ランナーじゃん(笑)。キャリブレーションできたっけ?

・無帽だったが問題なかった。夏場なら無謀だろうけど。

・手袋もなしだが、昼間にもかかわらず、走行後は手が冷えていた。

・本番のコースは前半にアップダウンがあり、後半はド平坦なので、もう少しペースはあがるだろうし、補給もキチンとすること、本番モードなので多少頑張れることを加味すると多少はタイムは上がると思うけど、サブ4は今日の状況をみるとキツい。4時間半切を現実的な目標にして、どこまで4時間に近づけられるかだな。

・コースプロフィールから考えて、本番当日は前半のオーバーペースに気をつけよう。あといきなり登りなのでアップはきちんと。

・ボディバランスチェックで小さめの靴をえらぶようアドバイスされたので、買い足すときに小さめを購入したが、フルの距離でも問題なし。

ラン(歩きも)の日

朝一番は仕事のため、高尾山に行きたいという紳士と午後から合流することに。

・買い足したシューズの具合をみるため、ある程度走っておきたい。

・そのため、電車で三鷹まで戻り、高尾方面までランニング。

・国立あたりで時間が厳しそうになってきたため、立川から再度電車へ。

・ラン第一部は18kmほど。1週間前のボディバランス測定のアドバイスでかなり小さめの靴を選んだのだが全く問題なさそう。4/20の本番はこの靴を使用することに。

・高尾山口であらきんさんと紳士に合流。お二人は午前中土曜連で追い込んできた模様。もの好きな人たち(笑)。

・稲荷山コースでスタート。この時間でも結構コースは空いている。

・午前追い込んでいた2人を差し置き、ジョギングにとどめていた私が山頂まで先着(笑)。

・ここからさらに奥のほうへ進む。息が上がってきていたので、展望の良い一丁平で大休止してリフレッシュ。

・さらに奥へ小仏峠まで。杉の枝が落ちまくってるが空気がよいため、花粉の影響はなし。

・トレイルでも、あらきんさんは下りが速いことが判明。

・午後スタートなので、日没を考え折り返し。帰りは皆疲れて歩きメイン。

・高尾山頂からは、歩きモードということで沢沿いの6号路を下山。

・麓でソフトクリーム補給。食事は観光価格のため、高尾駅付近までクールダウン兼で歩く。

・駅付近で食事。私以外の2人はカツ丼メインのガッツリモード。

・電車でまっすぐ帰宅。翌日のサイクリングもあるのですぐに爆睡。




しまった

せっかく帰宅ランをしたのにNike+のレシーバー(iPodにつけるほうの部品)を忘れた(笑)。

| 1/2PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM