スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2011.05.21 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

台湾旅行-20110429-03 空港〜通信環境Get〜ホテル

 台湾は日本と1時間の時差がある。台湾時間の10:00ごろに予定通り台北松山空港に到着。
預けた荷物をピックアップし、入国手続きも問題なく完了。

空港内の銀行でまず両替。特にパスポート等の提示は要求されず、すんなり終了。

お次は通信環境の手配をする。
今回、台湾で使用予定の通信機器は3つ
1)WILCOMのPHS
これは会社から貸与の電話。台湾にもPHS網があるので、出発前にWILCOMに連絡して、手続きを行うと台湾へのローミング設定、日本からの電話転送、台湾用の電話番号の発番をしてくれる。幸い旅行期間中に仕事の電話はなかった。

あとの2つについては空港内の「中華電信」でプリペイドのSIMカードを手配した。
キャリアは複数あり、桃園空港では選択できるようだが、松山空港は「中華電信」しかない模様。英語で交渉ができた。
2)GSM携帯(音声通話用)
香港版のExperia mini(SIMフリー)を持っている。そのため、プリペイドの音声用のSIMを購入。最低価格の300元(900円弱)のものを購入した。スマートフォンだが音声用のSIMであるため、3G経由のデータ通信は不可。滞在中、結局この電話は使用しなかった。

3)モバイルルータ
NTT東日本の光Linkを国内で使用している。このモバイルルータはSIMフリーなので、現地でデータ用のSIMを購入した。通信量無制限で3日用と7日用があり、7日用を450元(1350円弱)で購入。外ではiPod touchを用いて情報収集とMixiへのつぶやき、ホテル内では持参したNetbookと組み合わせてWebアクセスに使用。

現地の通貨と通信環境をゲットしたので、ひとまず宿へ移動することにする。

松山空港は市内にあり、捷運(地下鉄)の駅があるので、それを利用してホテルの最寄りの台北駅に移動する。

捷運の駅がよくわからないので、案内のスタッフ(ボランティアなのかお歳をめした方が多い)
に聞いてみた。中国語がだめなので「Train?」と聞いてみるとどうも「Toilet」と受け取られて、聞いたお2人のどちらともにトイレに案内されそうになった。日本語も多少わかりそうだったので「れっしゃ」、「でんしゃ」といってもダメな様子。そのうちスタッフの方が「ちかてつ?」と助け舟を出してくれ、無事に駅に案内してもらえた。「地下鉄は難しいじゃないか」なんて変に気をまわさないほうがよかったようだ(笑)。駅についてもわかってみればなんてことはなく、空港のビルから出たすぐのところに入口があった。

地下鉄は大変きれい。改札内への食べ物、飲み物は持ち込み禁止とのこと。ただ椅子がプラスチック製なので座り心地はよくない。

一回乗り換えて台北駅に到着。地図を引っ張り出してどの方向に進むかを確認していると親切なおばさん(台湾語でも「おばさん」らしい)が英語で声を掛けてくれた。こりゃ手っとり早いと思って好意に甘えることにした。

おばさん「(地図を見ながら)Where are we?」
私「(現在位置の確認は基本だわな)Here.(指差し)」
おばさん「Where do you want to go?」
私「(当然行先も示さないかんわな)Here.(指差し)」
おばさん「・・・Ask the lady wearing a yellow jacket.(黄色いジャケットを着た地下鉄女性職員を指差す)」
なんじゃそら(笑)。と思いつつも英語で突っ込む語学力はなく、お礼を言っておばさんとお別れ。でも旅先だとこういう空回りの親切でもうれしいものだ。

自力で見当をつけ、地上へ、新光三越のドでかいビルがまぶしい。駅前からちょっと歩いて迷うことなく無事ホテルに到着。昼前なのでチェックインは無理かなと思ったら、鍵をもらえてラッキー。バウチャーもあったし、ホテルのスタッフも簡単な日本語がしゃべれるようで手続きも問題なかった。

荷物を部屋に置いて、さっそく市内に出ることにする。



台湾旅行-20110429-02 手配〜日本出発

今年のGWは日の並びがよく5/2(月)に休みをとれば4/29〜5/5まで7連休となります。(5/6も休めば10連休なのですがそこまではしませんでした(笑))。

行先はお値段の関係もあり、アジア方面で。多少落ちつけそうな場所ということで台湾を候補としました。
4月初旬に思いついたのですが、GWなので、飛行機の料金は高めで、そもそも空席が少ないです。

いくつかの旅行会社のホームページをあたって、チャイナエアラインの羽田-台北松山の空席を見つけました。
東京も台北も国際便が発着する空港が2つありますが、羽田も松山も市街地から近いほうの空港なので時間が有効に使えます。行きは早朝便だったのですが、帰りは午後便がとれず、午前便となったのは残念でした。

ホテルは中級のなかでも安めのものを、地下鉄(むこうでは「捷運」と表記)駅そばで探しました。航空券ほど苦労せずに探すことができ、台北駅近くの「華華飯店」を6連泊で予約できました。

今回滞在が長めなので、1日は台北市内を離れてみようと思いました。台湾新幹線で南部へとも考えましたが、座席予約のために航空会社のサイトにアクセスしたときにふとしらべると、台北-香港間を正規料金で27000円で往復できることがわかりました(台湾発券なのでGW料金ではありません(笑))時間も台北発6:30、香港発翌日0:30なんて弾丸ツアーにおあつらえの便(笑)があったので、5/1の1日だけ香港に行くことにもしました。

その他は現地で行動を決めることにして、当日を待ちます。

4/29の出発予定時刻は7:10なので、空港へ1時間半くらい前に着こうとすると、自宅からは始発に乗る必要があります。

電車の遅延や寝坊のリスクに対処するため、3月の韓国旅行の時にもお世話になった空港近くのビジネスホテル梅月に前泊。仕事で遅くなったため、深夜12時すぎにチェックインしました。

翌日は始発の京急で羽田まで。5時半くらいに空港につきましたが、出国手続きふくめ30分で終了。もう少し遅めに来てもよかったと思いつつ、搭乗を待ちます。

事前予約で前方の席を押さえていたので、後ろのほうからゆっくり搭乗。いよいよ出発です。

席について、入口でゲットした台湾の新聞を(読めないので)眺めていると、有里山鉄道の脱線の記事がありました。現地観光の選択肢のひとつに考えてもいたので、残念な事故でした。

機内食を食べ、4時間ほどのフライトで台北松山空港に到着。


台湾旅行-20110429-01 前置き

 ゴールデンウィークに台湾に行ってきました。
会社では前年まで現場で仕事をする部署にいて、年末年始、連休などが仕事のかきいれ時だったのですが、今年異動があり、普通の休日に休める機会が増えたので、行けるときにということで3月のソウル旅行に引き続き、台湾に行きました。
いい年なのであまりハメを外した行動はしませんでしたが、それでも海外に行くこと自体、国内旅行とは異なる刺激がありました。

今年はちょいと自転車活動を抑え目にして、旅行する機会を増やそうかなと思ってたりします。(こういう方向になるとは思わず、去年の秋に新しい自転車を発注して、現在組みつつあったりするのですが・・・(笑))

久しぶりに

久しぶりにエントリします。

震災ならびに津波の被害に遭われた方には心よりお見舞い申し上げます。
また原発事故についても予断を許さない状況のようで心配です。

こんなふうに第三者的な書き方ができるのも、自分がほとんど被害にあってないか
らだと思います。
ありがたいことです。

実は先週金曜日の早朝から韓国に行っており、直接地震を経験していません。
のほほんと過ごしていたら立ち寄ったお店で「日本大丈夫ですか?」と聞かれて知
った次第。
現地のTVでは、報道にありがちな、インパクトの強い仙台とか映像がメインで放映
されていたので、ちょっと心配でしたが、
ホテルではインターネット接続ができたので電子メール経由で家族や会社とは安否
確認ができ、一安心。

自分の家の状況も心配でしたが、帰ってみたら家具の倒壊等もなく、本当にラッキ
ーでした。

後向きになってもしょうがないので、多少プライベートにも余裕がでてきたことも
あり、BLOGを復活しようと思います。

メインの話題の自転車ですが、昨年8月の乗鞍の後は練習もふくめほとんど乗れて
おらず、
今年になってからも、1月の美ら島センチュリーランに出場したぐらいでした(練
習不足に加え当日は寒さや強風と雨でさんざんでしたが(笑))。

ぼちぼち練習も復活させようと思ってます。

※乗れてないくせに、今新たに台自転車を組んでたりするんだよなぁ。

韓国旅行記を皮切りにちょぼちょぼと更新していくつもりですので、数少ない読者
の皆様、今後もよろしくお願いいたします(笑)。



韓国旅行1日め(イントロダクション)

3月になって仕事に多少ゆとりが出てきたので、 いきなり思い立って、3/11(金)~3/13(日)の3日間で韓国に一人旅してきました。
韓国の場合ツアーだと一人の場合上乗せ料金が発生する場合が多いので、自前でエアと宿を手配しました。

エアは行きが羽田発6:30、帰りが羽田着23:30。日程をフルに活用する計画です。往復でおよそ¥40,000也。
宿はビジネスホテル級のちょっとお安めのホテルで2泊でおよそ¥15,000也。

チェックインを考えると金曜に家を出発だと始発でも間に合わないため、むりやり仕事を切り上げて木曜の夜に羽田のこちらの宿で前泊。

<続く>
仁川空港






奥多摩練20100822

 ゲート:50分30秒
都民の森:63分

・ちと仕事が立て込んできたけど、乗鞍前なので、登っておきたい。

・16-27Tなんてスプロケも入れてみたし(Corratec CF1は少なくとも私の個体では16Tトップが入りました)。

・というわけで檜原までの往復はチームカーで。今日はハイドレーションはなし。アーム&レッグカバーは装着。

・なんとmichi店長、本日は電動ママチャリで参戦とのこと。面白い試みですね。

・序盤、電動ママチャリ(24km/hでアシストオフ)を先頭にまったりペースのグルペット形成。

・しばらくして、抜け出す組に合流し、普通に登りはじめる。

・序盤抑えたにもかかわらず、上川乗交差点で19分。当社比的には良好な結果。

・ここまでの平均パワーが抑え目の160Wだったし(朝練TT区間は平均175Wが維持できると想定している)、脚もフレッシュだったため、
 ちと調子に乗って頑張ってみる。平均パワーの値も向上し、一旦は170Wちょいまで上がる。

・しかし、山小屋〜人里あたりで頑張り過ぎたか、ヘリポートを過ぎたあたりからタレてきた自覚あり。

・ゲートは前回より2分ほど落ちの50分30秒。途中の頑張りがかえって足を引っぱった模様。

・都民の森まで1kmの看板を越えたところでふと後を振り返るとなんと笑顔のmichi店長が背後に迫ってた。

・その昔、朝練に参加し始めたころ、ゲート前でいつもmichiさんに捕らえられていたが、その光景がデジャブとしてよみがえってきた(笑)。

・ゲートでは姿形すら見なかったので安心していたのに、「バッテリーが切れそう。」との言葉とともになんとパスされてしまった。結構ショック。

・バトルしながら一緒に登ってきたKOBAさんに聞くと、激坂だろうがなんだろうが18km/hくらいの究極のイーブンペースで登ってきたとのこと。

・しばらくしたら本当に電チャリの電池が切れたらしく、押しが入っていた。なんとか都民の森へは先行(笑)。

・ショックを受けつつも、都民の森まで、大ダレはしなかったため、前回をやや下回る63分でまとめられた。

・電チャリは電池が切れなかったらジャスト1時間くらいのペースで登れたのではないか。

・斜度のある下りは50×16では廻りきってしまうので、自分のペースで下る。脚は温存できたので。登り返しでは当社比的にがんばってみた。

・途中、メンバーの一人が、はみ出してきた対向車とニアミスとのこと。接触はなく、転倒はしたものの幸い大きな怪我はなかった模様。よかった。
 夏休みが終わるまでは交通量が多そうなので、普段以上に気をつけないと。

・夜にお店に伺い、DHバー装着のためのアルミハンドルから元のカーボンハンドルに戻していただくようお願い。


※やはり、駆け引きがない状態では先週のように一定パワーを維持したほうが結果的には良いみたい。乗鞍本番では心しておきたい。

※電チャリのパフォーマンスに驚いたのでチョット調べてみたら、ケイリンPASとか
カッコいいのでロード仕様にして登ってみたいなぁ。
(公道仕様じゃないので60km/hまでアシストがあるみたいだし(笑)。モーターは300W×2だそうです。)

奥多摩練20100808

 ゲート:48分
都民の森:62分

※鳥海前の2週間より気温がさがったためか若干タイムが向上

・例によって、マイペースで行くために単独で出発。

・湿度は高くなることが予想されるため、本日もハイドレーション装備(正解)。

・鳥海のときはあまり気づかなかったが(笑)、後輪がディープとなり、リア周りの剛性は上がった。とはいえお手上げなほどガチガチではない。好感触。

・鳥海が終わりTTを意識したDHバーを外したので、本日は(比較的)後乗りを試してみる。前へ蹴りだす感じも意識して。

・丘の上のコンビニでaya408zさん、TOKさん、および本隊と合流。

・払沢の滝まではTOKさんF間さんについて行こうとするが、程なくちぎれ、到着寸前に本隊に吸収された。

・鳥海の第2ステージではほぼ一貫して平均出力175wくらいがキープできていた。それより時間の短い朝練のTT区間での最近の出力は平均150w弱程度だったので、今日は鳥海の175wを意識


・後乗りを意識すると、大きいハムストリングスを使え、タレが少ない。この乗り方だと私個人的にはギア重めとケーデンス低めとなる。

・上川乗までは前回より低回転だったので体感的には遅く感じたが、タレがすくなかったのとギア重めが奏功してか18分半くらいのいいペース。このあたりまでは平均185wくらい

・タレが少ないとダンシング時にも余裕ができ、山小屋手前や人里あたりの斜度高めの区間でうまく休むダンシングができた。(タレていると上体とかが不安定になり、ムリ目なダンシングになってしまう)

・坂の連続している区間では多少パワー的にタレ、Avg175wあたりにおちつく。

・鳥海前よりも気温が低いためか、前回よりも楽に登れている。

・ここ近辺と違った筋肉をつかったためか、数馬の湯あたりで脚つり。そのまま廻してなんとか

・ゲートは48分。上川乗までのアドバンテージをキープしただけに留まる。もう少し頑張れたかも。

・その後はあまりタレずにAvg.175w近辺を維持して都民の森は62分。

・下りも、今日はできるだけ前についていく努力をし、Avg.160wちょい。まぁまぁ頑張った。

・例によってちとせ屋さんで豆乳を摂取。アド街効果か、本日は購入待ちの列が長かった。払沢の滝の駐車場も本日は満車御礼状態。

・夕刻に用事があったため、帰りはクルマに乗せていただき帰宅。


※メモ
・リアのディープホイールはいい感じの剛性。フレームのしなやかさといい感じのバランスなのかも。
 (前にLookKG461にシマノのディープを借りたときは結構固すぎの印象があった。)

・今日は後乗り(単なる着座位置だけでなく、大げさに言えば前へ蹴りだす感じ)を意識してみた。私の場合だと回転が落ちるため、体感では遅く感じるのだが、疲労が少なく、重めのギアが使えるので、結果としてタイムは出るみたい。ヒルクラより長丁場となるおきなわにはマッチしていると思うので、今後は後乗りを意識して練習したい。


ツール・ド・おきなわ申し込み

 今年のおきなわの申し込み開始はは鳥海の2日めと重なってました。
というわけで帰りのクルマの中で携帯で申し込みをしました。

コース変更にともない、各レースとも距離が伸びたわけですが、100km(去年までの85km)と140km(去年までの130km)で迷って、隣で運転していたS口さんに相談していたら勢いで140kmに申し込んでしまいました(笑)。

ふと気づくと100kmはすでに満員御礼のキャンセル待ち状態状態で変更は困難。

腹をくくって秋にむかって調子を上げて行きたいと思います。

鳥海の写真を見て

 ※忙しいので鳥海のレポートは後回しになる予定。

オールスポーツのサイトで鳥海の写真が公開されています。

第1ステージのTTの写真を見たら、空力対策のつもりでDHバーを使用したにもかかわらず、前傾不足で空力がよくないフォームになってるなぁ。

小柄なので、今のポジションで前傾を深めても腿がつかえて回せなかったり、呼吸が苦しくてかえってパフォーマンスが出なかったりするんだよなぁ。

よく言われるようにBBを軸にもっと前転させた専用のポジションを作らないと空力面でのポジション改善は難しそう。

来年はDHバーに加えて前乗りポジション用の替えピラー+サドルを準備するか(笑)。



鳥海バイシクルクラシック(タイムトライアル)

公式タイム:14分26秒
※装備をグレードアップしたが、自己最高の2008年の記録はおろか、昨年のタイムもクリアできず。やはりエンジンを鍛えてないと如実に結果に出ます。

・土曜日はTTに間に合わせるため、三鷹を5時前には出発。金曜の仕事が遅かったため、荷造り完了後、寝ては負けと思い洗車を行い、睡眠なしで集合場所まで。

・今年もレンタカーのエルグランドの後席に陣取り、仮眠させていただく。運転担当の皆様には感謝です。

・スタートが14時30分近辺であるため、SAで買った稲荷寿司等を12時ごろまでに摂取。

・13時前には会場に到着。今年は受付後、一旦宿に移動してからTTの準備

・今回装備面としては、クリップオンのDHバー装着、およびリアホイールには鳥海に間に合うよう組んでいただいたEDGEの45mmのディープリム。

・スプロケは交換しないつもりだったので11-28Tを装着。

・自己記録としては2008年に13分47秒の自己記録を出している。で、タイム的にはそこを目標に。

・今回S山さんが私の45秒前、あらきんさんが私の45秒後にスタートとなっており、よい目標およびプレッシャーが。

・出走10分くらいまで、近くの道路でアップ。

・ノーボトルで走るため、アクエリアスのパック2つをポケットに入れておき、アップ中に1つを消費。のこりの一つは順番待ちの間に消費。

・今年はスタート台が2列になっており、交互にスタートするため、スムーズに進行している。

・1年ぶりのお立ち台。今年はスタート前にきちんとクリートもはまって真っ当にスタート。

・序盤はできるだけガチャ踏みしないよう回転を意識してスタート。できるだけDHバーを握る区間を取るようにする。

・前半は大きく2回の登りがあるが、2回め登りのピーク近くで先行スタートしたK原さんとすれ違い。激励する。

・折り返し近くで45秒先にスタートしたS山さんと遭遇。復路で追いつきたいところ。

・慎重にターンして登り区間に、45秒後にスタートしたあらきんさんとすれ違う。逆にこちらには抜かれたくないところ。

・前半、体感的にはいい感じだったが、後半少し登りがきつく感じる。前方の走者も見えてこず、ペース的には落ちている模様。

・最後の登り区間、あらきんさんに声をかけられパスされる。

・残りわずかなので登りの終盤からゴールにかけて、なるだけ離されないよう踏み倒してラストスパート。

・ゴール後は息があがっており、すぐには停止できず、周辺の道路でクールダウン。

・お店のバリバリTT仕様のLOOK596で出場するKOBAさんのコスプレをより完璧にするために、着用していたエアログローブを手渡す。

・ゴール後あらきんさんに聞くと、折り返し後の坂で失速してたとのこと。今の私にとっては前半がオーバーペースだったのか?

・タイムはベストの2008年どころか、昨年も下回る期待はずれの14分??秒。今年は風が強く、他の皆さんもタイムがでなかったようだがそれを差し引いてもダメダメ。

・体が水分を欲するため、サービスの麦茶を何杯もおかわりしながら、他のメンバーの走りを観戦。

・エアロヘルメット、スキンスーツ、エアログローブ、シューズカバーの完全コスプレでなおかつLOOK596のバリバリTT仕様(ピンストによるペイント入り)という目立つ格好のKOBAさんやチャンピオンクラスの2人の走りを見物。

・レース終了後、宿で入浴、食事、買出しの後一旦爆睡。一旦目覚めて酒盛り組と会話後、再度就寝。

Check

| 1/45PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< August 2016 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM